2017/05/23

大雪2号



17日、休みと晴れ予報とスラントの大雪運用が重なったので久々に
旭川方面へ行ってきました。

ダイヤ改正直後はスラントがそのまま使用されていた特急大雪でしたが、
サロベツや北斗用183系貫通型先頭車が転用され始めると運用機会が激減。
すっかり予備車的存在になり、捉えることは難しくなりました。
最近都合がなかなかつかなかった事もあり、私がスラント大雪を撮ったのは
これがまだ2回目です。

今年度をもって、旭山動物園号を含め183系初期車が全廃されます。
撮れる回数はあとわずか。一つ一つの機会を大切にしていきたいものです。
スポンサーサイト
2017/04/30

臨時特急 北斗91号



GW等の繁忙期には各方面の特急列車で増結がなされますが、函館方面の特急北斗は
唯一増発があり、使用車両が毎回多種多様となっています。
今回の注目は旭山動物園号の登板。上りは寝坊して逃してしまったので、下りだけでもと思い
夕方の菊水S字へ行ってきました。

多くの撮影者がひしめき合う中、2時間程待ってやって来た列車を見てガッカリ、
表示が旭山動物園号ではないですか!これでは北斗だとわからない…
後から調べてわかりましたが、旭山動物園号の表示はシールで、その下の幕自体は
ちゃんと北斗を出していたようです。だったらシールを剥がせよと…

HMや方向幕はその列車が何たるかを利用者に知らしめる為のもの。それが適当では
誤乗の可能性だって出て来るわけでHMの意味がありません。
そこんとこもう少し考えていただきたいものです。

…と言っても、実際のところHMなんて鉄オタしか気にしないのかも知れません笑
2017/03/13

SL冬の湿原号





北海道の冬の恒例イベント列車と言えば、SL冬の湿原号。
しかし、今年は牽引機C11 171の車輪に傷が付き、運転開始から2週間ほどで
今シーズンは全てDL牽引に変更する事が発表されました。

個人的にはDL牽引の方が貴重な姿だと思うので、むしろラッキー。
既に取ったホテルやレンタカーをキャンセルする事はせず、
予定通りの日程で釧路旅行に行ってきました。

一応往復とも光線のいい場所に向かったものの、天候はずっと曇り。
どうにも不完全燃焼な撮影でした。

沿線から見る感じでは、乗客の皆さんは笑顔で手を振ってたので
DL牽引でも楽しめてたのではないでしょうか。乗ってしまえば
SLもDLも変わりませんしね笑

ただ、HMの類が全くなかったことだけは残念。
観光列車なのですから、それくらいの配慮は欲しかったなと思うのでした。
2017/03/07

大雪、復活!





3月4日のダイヤ改正で、「オホーツク」の運転区間短縮で旭川ー網走間の特急「大雪」が誕生。
ダイヤ改正の概要が発表された時から気になっていたのがヘッドマークでした。
蓋を開けてみれば大昔の急行時代のデザインをそのまま使用した物が
掲げられるというサプライズ。特に、スラントノーズ車との組み合わせは秀逸で、
ダイヤ改正後初めての休みの日に早速撮ってきました。

この時期にしては珍しくスッキリ晴れた空の下、石北本線を駆け抜ける「大雪」は非常に
格好良く、紫色の帯と青系のHMが結構似合っているように思いました。

報道や利用者からは、乗り換えが面倒だ、との批判もありますが、旭川以遠の
本数が維持されただけでもマシだったのではないかなあと。特急どころか路線ごと廃止
されてもおかしくない線区なのですから…

半ば消極的理由によって誕生した旭川発着の特急列車たち。宗谷本線系統も含め、
これからも注目していきたいと思います。