2018/02/08

特急オホーツク・大雪

2月7日





この日も石北本線へ。狙いはスラント先頭のオホーツクです。
しばらくスラントは大雪でしか撮ってなかったのでオホーツクはかなり久しぶり。
適当に撮れそうなところを見つけ、カメラを構えます。

しかし、順光側に立っているケーブル影が見事にボディーにかかり撃沈。
非電化区間でこれはいけません…

さすがにこれだけで帰るのももったいないので、大雪2号をやりにいつもの鉄橋へ。
貫通型先頭とは言え、増結5両でなかなかの見応え。車両も良い具合に凍りついて
おり、カッコいい!
スラントがなくなっても、石北本線の特急はまだまだ楽しめそうです。
スポンサーサイト
2018/02/02

宗谷ラッセル



石北本線で大雪をやった後は宗谷本線の有名撮影地へ。
前記事の通り休日を自宅で過ごす日々が続いた私にとって、
今シーズン初のラッセル撮影です。

到着すると、晴天ゆえに予想はできてましたが雪の少ないこと…
晴れだけが取り柄のつまらないカットになるだろうな、と思いつつ
待つこと20分程。思ってたよりは掻いてくれたものの、着雪は少なく作業灯も
非点灯。こりゃ81Dやりに遠軽行った方が良かったかな…

遅すぎる気がしますが、私のラッセルシーズンはこの日からスタート。
残りの約2か月間、ドカ雪祈願です!
2018/02/01

2018年最初の撮影



あけましておめでとうございます。って、めちゃくちゃ今更ですね。
今年初の撮影はなんと2月1日となりました。仕事の疲れを少ない休みで
癒そうとするととても遠出する気力が起こらず、長いこと
撮影をサボってしまいました。

この日はこの時期にしては珍しく好天予報ということで久々の撮り鉄。
狙いは石北本線の特急大雪2号です。
前日の73Dで札幌方に動物園号の先頭車が入り、しかもキロ9連結。
編成美なぞ知ったこっちゃないと言わんばかりの姿が如何にも北海道です。
動物園号もとかち色も今年度末に引退。このごちゃ混ぜ編成も
貴重な記録になりますね。

午後は81Dを撮ろうかと思いましたが、せっかく久々の撮り鉄なので別なものも
記録したい。そう考えた私は進路を宗谷本線へと取るのでした。

2017/12/29

臨時特急北斗88号



ついに年末。そして臨時列車が最も多く出る季節です。
今回も北斗の増発があり、中でもこの日の88号は両端スラント、オール
とかち色6連で運転とあって一番の注目株です。

私も以前から楽しみにしていた列車、気合いを入れて長万部まで!
この時期の北海道で晴れ予報なんぞ期待できないので、曇り予報上等での出撃です。

現地に着くと、冬の曇り予報あるある(?)雲の切れ間が所々…どころか結構広く、
淡い期待を持ちましたが通過1時間前にはすっかり雲に覆われ、そのまま通過。
やはり撮り鉄はそう甘くはないですね。

残念ながら年内撮影できるのはこの日が最後でしたが、スラント北斗は年明けも
走ります。次回こそは晴れカット祈願!

それでは皆様、良いお年を。
2017/11/04

在りし日の特急サロベツ



先日、特急宗谷とサロベツをスラントが代走して話題になりましたね。
両スラ、キロ9連結、さらに全車両がとかち色で統一された編成となれば
当然です。
しかし、残念だったのがヘッドマーク。宗谷は収録されていないので仕方ないとして、
折り返しのサロベツも「特急」表示での運転でした。
せっかくヘッドマークが入っているのにもったいない限り。

そこで今回は過去の写真。と言っても去年の夏のことです。
2016年のダイヤ改正で、それまで両貫だったサロベツは札幌方がオホーツクと
同じくスラントが所定となりました。
大きなサロベツのヘッドマーク、そのデザインはカッコよかったものです。

しかし、この列車は1日1往復。しかも日の短い時期は音威子府より先まで北上しないと
撮影不可ということで捉えるには非常に効率が悪く、まともに撮ったのは
北永山のこれ一枚のみ。

今でも旭川~稚内間の特急としてサロベツの名称は残っているものの、183は撤退。
スラントが先頭を務めたのは一年きりでした。代走はこれからもあるかも知れませんが、
オリジナルのヘッドマークを出す可能性は低いことが今回わかってしまいました。
効率など気にせず、もっと積極的に撮りに行けば良かった…日々の記録が大切だと
痛感させられました。