2017/11/04

在りし日の特急サロベツ



先日、特急宗谷とサロベツをスラントが代走して話題になりましたね。
両スラ、キロ9連結、さらに全車両がとかち色で統一された編成となれば
当然です。
しかし、残念だったのがヘッドマーク。宗谷は収録されていないので仕方ないとして、
折り返しのサロベツも「特急」表示での運転でした。
せっかくヘッドマークが入っているのにもったいない限り。

そこで今回は過去の写真。と言っても去年の夏のことです。
2016年のダイヤ改正で、それまで両貫だったサロベツは札幌方がオホーツクと
同じくスラントが所定となりました。
大きなサロベツのヘッドマーク、そのデザインはカッコよかったものです。

しかし、この列車は1日1往復。しかも日の短い時期は音威子府より先まで北上しないと
撮影不可ということで捉えるには非常に効率が悪く、まともに撮ったのは
北永山のこれ一枚のみ。

今でも旭川~稚内間の特急としてサロベツの名称は残っているものの、183は撤退。
スラントが先頭を務めたのは一年きりでした。代走はこれからもあるかも知れませんが、
オリジナルのヘッドマークを出す可能性は低いことが今回わかってしまいました。
効率など気にせず、もっと積極的に撮りに行けば良かった…日々の記録が大切だと
痛感させられました。
スポンサーサイト
2017/10/26

特急大雪4号



10月26日

根室本線のマヤ検測を撮り終えた私は素直に札幌へは戻らずに、もう一つの
目当てであるスラント大雪を撮るべく、釧路から阿寒、北見を経て上川まで
移動しました。

この大雪4号、順光箇所が限られる上に日没が早いこの時期はさらに選択肢は
狭まります。ここは開けた場所で非常に撮りやすいのですが、同業者は
後からお一人来ただけ。スラントをほぼ独占状態でした笑

こうしてこの日の撮影は全て終了。道東、道北と巡り走行距離は600km以上の
長距離移動!収穫は少ないものの、貴重な列車を撮れて大満足の休日でした。
2017/10/26

根室本線マヤ検測③



②からの続き

上厚内の俯瞰から途中いろんな所へ寄り道したのですが、目をつけていた
ところが草ボーボーだったり構図をミスったりとまあ踏んだり蹴ったり。
結局最後に行くと決めていた西庶路~庶路の鉄橋まで収穫なしで
行き着いてしまいました。

普通に編成撮りすると広角中心になりどうしてもマヤの存在が弱くなって
しまうので、やはりこの車両は離れて撮るのが良いですね。

これにてマヤの撮影は終了。楽しみにしてたのに下調べ不足と腕のなさで3発で
終わったのは反省点。今度はもっと札幌に近いところで
走ってもらいたいものです笑
2017/10/26

根室本線マヤ検測②



①からの続き

2発目の追っかけ先で撃沈した自分が次に選んだ…というか辿り着いたのが、
常豊信号所と上厚内信号所の間にある俯瞰撮影地です。
当然こんな場所があることを知る由もなく、撮り鉄の車がたくさん止まっているのを
見つけたので便乗させてもらった次第です。

慣れない俯瞰、登ってみると紅葉が色付いた綺麗な光景が眼下に広がっていました。
セッティングから20分程でマヤが通過。今回の根室本線遠征の中では、
一番のお気に入りとなりました。とは言え、そもそものカット数が少ないのですが…
2017/10/26

根室本線マヤ検測①

10月26日



この日は釧路までマヤ34が走るとのことで道東へ行ってきました。
恥ずかしながら、この列車を撮るのは初めて。さらに、新得以東の根室本線での
撮影も初めてだったのでどこでどう撮れるやらさっぱりでした。

とりあえず最初に選んだのは幕別と利別の間に見つけた踏切。
光線状態はとても良かったのですが、なんか微妙…2両では
編成撮りしてもあまり面白くないのかも知れません。

ちなみに、この後も浦幌の停車を利用して別の踏切まで追っかけるも、
長さを見誤りスカスカで撃沈。さらに東へと進むのでした。