2017/03/13

丹頂鶴









釧路旅行ではSL冬の湿原号の撮影がメインのつもりでしたが、
それよりも楽しかったのが天然記念物、丹頂鶴の撮影です。

湿原号の往路を撮った後は、丹頂鶴のメッカである伊藤サンクチュアリへ。
普段列車ばかり撮っている私にとって、鳥の撮影は初の試み。
やはり飛んでいるところを撮ってナンボ!と思ってましたが、列車の
ように決まったルートを進んでくれるわけもなく、非常に難しい。
ファインダーからはみ出さないよう追うのが精一杯。構図などメチャクチャです。
撮ること30分、連写しまくったせいでCFはあっという間に容量オーバー。
時間も時間だったので再び釧網線へ戻ったのでした。

初めて見た丹頂鶴はとても美しかったです。来年の冬は列車よりも
丹頂鶴をメインに撮影旅行を組んでみてもいいかも知れません。



その後、湿原号の復路を撮ったわけですが、撮影地ではなんと
丹頂鶴が線路の上を歩いてこちらまで来てくれました。目の前に人間がいるのに
全く警戒しておらず、地元の方々が大切に保護してきたからこそですね。
列車に撥ねられてしまわないかが心配ですが笑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント